研究会INFO

第44回広島医療情報システム研究会

第44回広島医療情報システム研究会

拝啓 時下、先生方におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。 さて、下記の通り 「第44回広島医療情報システム研究会」を開催することとなりました。 ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご出席くださいますようお願い申し上げます。

令和元年 9月7日 13:30~17:00

福山市民病院西館 1F ホールコア (土)

当番世話人 済生会広島病院 山本修平 広島記念病院 加藤雅士

 

総合司会:済生会広島病院 山本修平

〈13:30~13:35〉 「開会挨拶」 代表世話人 広島記念病院 加藤雅士

〈13:35~14:05〉【メーカートピックス】 座長 広島記念病院 唯間和博

「情報の漏洩とその後、【閻魔帳】でできること」 株式会社ヒューマックス 桑野幹典

〈14:05~14:35〉【会員報告】 座長 「院内でiPhoneを業務運用してみた」 呉共済病院 後藤 武

休憩〈15分〉

〈14:50~15:50〉【シンポジウム】 座長 GEヘルスケアジャパン株式会社 大越 厚 「線量管理はどこまで準備が必要か? ユーザーVSベンダー60分1本勝負」

日置一成(広島大学病院) 藤本健一郎(県立広島病院)  安成秀人(広島赤十字・原爆病院)  竹本弘一(広島市立広島市民病院)  唯間和博(広島記念病院)

網代啓志(キヤノンメディカルシステム株式会社)  中島義耀(GEヘルスケアジャパン株式会社)  鳥羽輝久(バイエル薬品株式会社)  広藤喜章(株式会社セントメディカル・アソシエイツ)

休憩〈10分〉

〈16:00~17:00〉【特別講演】 座長 広島記念病院 加藤雅士

「民間病院の私が医療情報にハマったワケ 〜モニタ管理から始まった私の人生〜」 博愛病院 矢倉征道

「閉会挨拶」 次回当番世話人 日本鋼管福山病院 谷川公男

当日、会場内で小沢医科器械の【DICOMGATEWAY】と 株式会社 ヒューマックスの【閻魔帳】の機器展示を行います。

※以下の更新ポイントの対象となっています。(認定番号が必要です) 医療情報技師(19-066)1P 医用画像情報専門技師(K19-034)1P 医療画像情報精度管理士(イベント番号:3120)3.5P ※研究会参加費として1,000円徴収させて頂きます(ただし学生は無料)。 研究会終了後、情報交換会を予定しております。(当研究会HPから事前申込が必要です) 主催:広島医療情報システム研究会 後援:広島県診療放射線技師会・日本放射線技術学会医療情報部会・日本医用画像管理学会